カラー ~ 基本に忠実な確かなカラー技術 ~

1.カウンセリング

横1_カウンセリング-(1)

事前に記入していただいたカウンセリングシートの情報を把握してカウンセリングに入ります。お客様のお好みやご要望を伺いカラーチャートなどで色味やトーンを確認していただき、色を決めていきます。

見極めポイント!

お客様の好みやご要望をカウンセリングでしっかり汲み取ることが出来なかったり、カウンセリングが不十分であると、「こんな色にするはずじゃなかった」「イメージしてた色と違った」など、不満が残る結果になってしまう可能性があります。

2.アレルギー確認・毛髪診断

横2_-アレルギー確認・毛髪診断-(1)

施術に入る前に、今までにアレルギー反応が出たことがあるかどうか確認します。髪質や頭皮の状態を見させていただき診断をします。お客様の髪質やダメージ状態を把握してから施術に入らせていただきます。

見極めポイント!

アレルギー確認を怠ってしまうと、「肌がかぶれた」等、お肌のトラブルに繋がる可能性があります。また、毛髪診断をしないと色味やトーンは髪質やダメージ状態によって左右されますので、ご希望のカラーが再現できない可能性が高まります。

3.薬剤説明

横3_薬剤説明-(34)

今回施術で使用させていただく薬剤の説明をします。使用しているカラー剤の成分や特徴などについて実際使用する薬剤やカラーチャートを見て頂きながら分かりやすく説明致します。

見極めポイント!

頭皮や髪に直接触れる薬剤ですので実際に使用するカラー剤の成分や特徴の説明がないとお客様は「どんな薬剤が使われているのだろう」「髪や頭皮を傷めないものなのだろうか」など、目に見えないものなので不安を感じてしまいます。

4.準備工程

横4_準備工程-(1)

お客様のお洋服が汚れないように、衿元にラップで保護してタオルをかけ、その上からクロスをかけます。反応時間が過ぎないように塗布する直前に薬剤を作ります。1剤を混ぜてから2剤を混ぜます。

見極めポイント!

ラップやタオル、クロスでしっかり保護しないとお客様のお洋服を汚してしまう危険性があります。時間短縮のため反応時間を無視して、時間が経過した薬剤を使用したり、コスト削減のため余った薬剤を使用してしまうと発色せずに、ただ髪を傷めてしまうだけになってしまいます。

5.塗布

横5_塗布-(7)

白髪染め・おしゃれ染めに合わせて、適切な方法で塗布をします。お客様の頭が動かないように、髪の毛がお顔にかからないように気をつけて塗布をします。お客様の髪や頭皮に負担がかからないように注意します。

見極めポイント!

正しいブロッキング、塗布方法で行わなかったり、塗布量が適切でないと色ムラの原因にもなります。また、塗布する際、お客様のことを考えない手荒い施術は、頭皮や髪に負担をかけ気持ちも不快感を与えてしまいす。

6.カラーチェック

横6_カラーチェック-(3)

染まりやすい箇所、染まりにくい箇所を考慮して塗布し、5分から20分ほどお時間を置きます。お時間を置いた後に、何箇所かカラー剤を拭き取り、カラーが染まっているかどうかのチェックをします。

見極めポイント!

現在のアルカリカラー剤は温めて発色を促進する事は禁止されています。温める事により、頭皮や髪に大きく負担がかかり、大変危険です。また、カラーチェックを怠る事で、発色が不十分だったり、染まりムラがあなど綺麗なお仕上がりが提供できなくなります

7.シャンプー

横7_シャンプー-(2)

カラーチェック後に、カラー剤をしっかりと流してから、丁寧に洗っていきます。髪に優しいタイプのシャンプー剤を使い、眠れるような心地良さを感じていただけるようなシャンプーをご提供致します。

見極めポイント!

根元から塗布をするので、頭皮にカラー剤が付着してしまいます。特に白髪染めは、白髪が浮かないように根元にしっかり塗布するので、しっかりと洗い流すことが重要です。カラー剤が残っているとかぶれや髪の傷みの原因にもなります。

8.ドライ

横8_ドライ-(2)

ドライヤーの熱や風が、お客様の負担にならないように注意をします。乾かしている時に、お客様の頭が動かないように優しいタッチで、髪の流れに合わせて乾かしていきます。

見極めポイント!

ドライヤーをあてる際に、正しい位置と角度であてないとドライヤーの熱により髪や頭皮を傷めてしまう可能性もあります。手荒く乾かすとお客様に負担がかかり、不快感を与えてしまい、快適にお過ごしいただけない可能性も高まります。

9.スタイリング

横9_スタイリング-(3)

カウンセリングで決めたお色を再現致します。仕上がりはつややかに手触りよく仕上げていきます。お客様のお好みやご要望に合わせて美容室ならではのセットをご提供致します。

見極めポイント!

プロの美容師として、ツヤがあり手触りを良く仕上げ、美容室ならではのセットをご提供することは当然のことです。適当にスタイリングしてしまうと、お客様がお家でのスタイリングの参考にならず、困ってしまう可能性があります。

10.アフターカウンセリング

横10_-カウンセリング-(7)

カラー終了後に、今回の『カラーのポイント・スタイルのポイント」などをお話し致します。次回のカラーの時期の提案と、普段のお手入れの方法などについてアドバイスさせていただきます。

見極めポイント!

カラーのポイントやスタイルのポイント、お家でのお手入れ方法などをお伝えしないことは、美容師がお客様のお家でのスタイリングに責任を持っていないことになり、お客様自身がどうやって家でスタイリングをすればいいのか分からなくなってしまいます。

お仕上がり

ご希望のカラーを再現し、つややかで手触りの良いスタイルをご提供致します

この記事を書いたスタイリスト情報

浦野寿恵(コミュニティサロン と和 / 訪問美容 と和:トップスタイリスト)
山野美容芸術短期大学卒。市ヶ谷、銀座の美容室など10年間、美容師としてのキャリアを確実に積み上げる。特にご年配の方に支持され、自宅にもお伺いして施術をするようになる。より美容を追及するため、エステティシャンに転向。銀座の高級サロンで8年間、多くの指名を頂きながら技術を修得、チーフとして店舗を任される。ご高齢の方に喜ばれた訪問美容を広めるため、美容スキルとエステ技術を通じて啓蒙・啓発を図る。2014年11月、より活動を活発にさせるため、訪問美容とユニバーサルデザインのサロンに活動の拠点を移す。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

haircare0601

市販と美容室の使用薬剤の違い

【市販のカラー剤と美容院のカラー剤は何が違うのでしょう?】 ①市販のカラー剤に含まれる成分 市販のカラー剤のほとんどはアルカリカ…

おすすめ記事

  • haircare1601
    美容室の真実

    <ヘアサロンの利用回数> 日本お客様が1年間にヘアサロンを利用する平均…

  • haircare1501
    ヘッドスパ

    【ヘッドスパの歴史】 昔から医学として民間療法が盛んだったインドでは、…

  • haircare0601
    市販と美容室の使用薬剤の違い

    【市販のカラー剤と美容院のカラー剤は何が違うのでしょう?】 ①市販のカ…

ページ上部へ戻る