コンディショナー、リンス、トリートメント、ヘアマスク、ヘアパックの違いはなんでしょうか?どういう使いわけが必要ですか?(30代女性)

メーカーやブランドによって、呼称が違いますが、大まかなすみ分けをお伝えします。コンディショナーとリンスは同義です。この2つは、キューティクルの表面にとどまることで、髪の手触りをよくしますが、内部に栄養を与えるわけではありません。トリートメントは、表面のコンディションを整えることに加え、毛髪の内部にまで栄養を補修するものです。ヘアマスクやヘアパックは同義で、トリートメントよりダメージ補修が優れているもの、栄養補給の作用が強いものを指します。毎日の使用は、トリートメント、週に1,2回はヘアパック(またはヘアマスク)、それらすべてのコーティングするコンディショナーとしての活用がおすすめです。

この記事を書いたスタイリスト情報

小林利衣(コミュニティサロン と和 / 訪問美容 と和:トップスタイリスト)
ベルエポック美容専門学校卒。台東区浅草のヘアサロンに入社し、幅広い年代層のお客様のもとで経験を積む。同社系列の中央区日本橋の店舗にて副店長として勤務。常に指名が絶えない人気美容師として活躍。キャリア10年に差し掛かった頃、祖母の介護を単身ですることになり、生活面・精神面に加えて、高齢者の美容の悩みに直面する。人を美しくする美容を通じて、何とか心を高揚させることができないかと思い、自宅でできる美容メニューの提供を考える。2015年7月、お客様の一生涯に寄り添える美容師になりたいと、新しいキャリアとして、訪問美容に挑戦。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

シャンプー

【シャンプーの歴史】 元々、紀元前に神様に祈る前の禊として行われていました。最初は水だけで流して徐々に泥で洗っていきました。泥には…

おすすめ記事

  • ヘッドスパ

    【ヘッドスパの歴史】 昔から医学として民間療法が盛んだったインドでは、…

  • 美容室の真実

    <ヘアサロンの利用回数> 日本お客様が1年間にヘアサロンを利用する平均…

  • 市販と美容室の使用薬剤の違い

    【市販のカラー剤と美容院のカラー剤は何が違うのでしょう?】 ①市販のカ…

ページ上部へ戻る