データで知る美容業界 ~ヘアサロンの利用回数~

<ヘアサロンの利用回数>

image167

日本お客様が1年間にヘアサロンを利用する平均回数は4.4回です。 これはアジア6ヵ国平均の年間ヘアサロン利用回数12.8回を大きく下回っています。これは日本ではヘアサロンは日常使いではなく、特別な時に行く場所になってしまっているともいえます。サロンにカット以外のメニューだけ(トリートメントだけ、ヘッドスパだけ・・・)で来店していいの?と思っている方は多いのではないでしょうか?ヘッドスパのご利用者は全体のお客様のわずか8%にすぎません。 もっと気軽にヘアサロンをご利用頂きたいですね。

<美容師に相談>

image169

薄毛対策の情報について美容師に相談したことはありますか? 実はその経験のある方は30.1%しかいないそうです。30代、40代では美容サイトなどのネット情報を頼りにしていることが多く、50代ではテレビ広告情報を一番重要視していることがわかりました。 「美容師に相談」という項目が1位に来ないんですね。美容師は髪のプロですし、実際に髪や頭皮の状態を見てもらいながらアドバイスしてもらえるはずなのに。 毛髪や頭皮が気になり始めた年齢の平均は38.9歳  美容師の平均年齢は29.3歳  実はここにお客様が相談しにくい理由が隠れているのかもしれません。サロン側ももっとお客様がご相談しやすい環境を作っていく必要がありますね。

この記事を書いたスタイリスト情報

小池由貴子(コミュニティサロン と和 / 訪問美容 と和:代表・チーフディレクター)
山野美容専門学校卒。美容師200人が所属する、都内17店舗のチェーン店で12年間従事。ヘアメニューだけではなく、エステ・ネイル・着付けなどトータルビューティーのスキルを修得する。そんな中、骨巨細胞種という膝に腫瘍が発覚、骨盤移植の大手術を行う。1年間の車椅子のリハビリ生活で、ご自宅でもお気軽に受けられる訪問美容サービスの必要性を痛感する。美容師として復帰した2年後、2011年7月に「訪問美容 と和」を立ち上げて独立。2014年2月には、年齢、障がい、関係なく誰でもご利用できる「コミュニティサロン と和」を、巣鴨地蔵通り商店街にオープン。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

市販と美容室の使用薬剤の違い

【市販のカラー剤と美容院のカラー剤は何が違うのでしょう?】 ①市販のカラー剤に含まれる成分 市販のカラー剤のほとんどはアルカリカ…

おすすめ記事

  • 美容室の真実

    <ヘアサロンの利用回数> 日本お客様が1年間にヘアサロンを利用する平均…

  • ヘッドスパ

    【ヘッドスパの歴史】 昔から医学として民間療法が盛んだったインドでは、…

  • 市販と美容室の使用薬剤の違い

    【市販のカラー剤と美容院のカラー剤は何が違うのでしょう?】 ①市販のカ…

ページ上部へ戻る