パーマやカラーをする前に「前処理剤をつけますね。」と言われます。前処理剤って何ですか?見ていると、液体を霧吹きで髪の毛につけています。どんな効果があるのですか?(20代、女性)

前処理はパーマやカラーの前に行うのですが、大きく分けると2通りあります。◆薬剤の浸透を促進させる前処理・・・ この処理によって、負担の少ない薬剤で最大の効果を引き出せるようにします。 主に根元に使用される事が多いです。◆薬剤の働きを減力させる前処理・・・ この処理によって、薬剤による毛髪へのダメージを軽減します。 主に毛先に使用される事が多いです。主にダメージのある毛先に使用しますが、適材適所で使い分けます。

この記事を書いたスタイリスト情報

上村奈津美(コミュニティサロン と和 / 訪問美容 と和:トップスタイリスト)
鹿児島県美容専門学校卒。鹿児島の評判のトータルビューティーサロンで13年間勤務。店長・ディレクターとして、後進の育成にも従事。同社で新店オープンのため近隣住民に挨拶回りをしていた際、店舗から2軒先のご高齢の方から「ごめんね、足が悪くて行くことができないのよ。本当は行きたいんだけど。」という言葉に衝撃を受ける。美容室に行きたくても行けない方がいると知り、訪問美容を志す。2014年7月から、一念発起で東京に進出。ご自宅、施設・病院を担当する訪問美容で、新たな領域に従事する。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ヘナ

【ヘナの歴史】 ヘナはインドからモロッコにかけて自生している植物です。その葉を乾燥させて粉末にしたものを「ヘナ」と呼びます。もとも…

おすすめ記事

  • 市販と美容室の使用薬剤の違い

    【市販のカラー剤と美容院のカラー剤は何が違うのでしょう?】 ①市販のカ…

  • 美容室の真実

    <ヘアサロンの利用回数> 日本お客様が1年間にヘアサロンを利用する平均…

  • ヘッドスパ

    【ヘッドスパの歴史】 昔から医学として民間療法が盛んだったインドでは、…

ページ上部へ戻る