ヘッドスパ ~ お客様一人一人に合わせたマッサージでヘッドスパを ~

1.カウンセリング

横1_カウンセリング

お客様と相談している事前に記入していただいたカウンセリングシートの情報を把握してカウンセリングに入ります。お客様のお好みやご要望を伺い、ヘッドスパの工程を確認していただきます。

見極めポイント!

お客様の好みやご要望をカウンセリングでしっかり汲み取ることが出来なかったり、カウンセリングが不十分であると、「こんなはずじゃなかった」「イメージしてたものと違った」など、不満が残る結果になってしまう可能性があります。

2.スコープカウンセリング

横9_仕上げマイクロスコープ

カメラで頭皮を映そうとしている200倍のマイクロスコープで頭皮の色や毛穴の状態をチェックっすることで抜け毛やダメージの原因などの髪の毛の状態までしっかり見ていきます。

見極めポイント!

目視だけでは頭皮の細かい状態までは把握できない為、本当の頭皮の状態は分かりません。そのためあいまいなケアになってしまう可能性が高まります。それによって頭皮トラブルの原因にもなる事もあります。

3.オイルクレンジング

横3_オイルクレンジング

クレンジング塗布しているところ頭皮にオイルクレンジングをしていきます。2センチ間隔でオイルを塗布していきます。毛穴の奥の皮脂や汚れを浮かせ、皮脂汚れとオイルが混ざり合わせ汚れを除去していきます。優しくマッサージしながら頭皮全体になじませます。

見極めポイント!

古いオイルを使用したり保存状態が悪いものだとオイルが酸化している可能性があり、頭皮のトラブルに繋がり、効果も薄くなります。塗布する間隔が荒いと全体に行き渡らず、汚れが落ちない箇所もでて来てしまいます。

4.マイクロミスト

横4_ミスト

ミスとに入っている図オイルの浸透を良くする為に、微粒子のミストをあてていきます。ミストをあてて温める事で毛穴をしっかりと広げ、毛穴の奥の汚れを浮き上がらせ取れやすくします。頭をじんわり温める事でリラックス効果も高まります。

見極めポイント!

毛穴は温める事で開き、水分により柔らかくなります。マイクロミストを使用しないと、毛穴が開かず毛穴の汚れまではなかなか落ちません。また頭皮も硬い状態でマッサージすると効果が半減します。

5.マッサージシャンプー

横5_マッサージシャンプー

お客様に頭皮マッサージする図オイルクレンジングを流した後、マッサージをしながシャンプーをします。シャンプー剤をつけてマッサージする事でオイルで浮き出たた毛穴の汚れもしっかり吸着し落とす事ができますマッサージをする事で頭皮を柔らかくしその後のマッサージ時のリラックス効果も高まります。

見極めポイント!

シャンプー剤を使わずに流すだけだと、オイルが残ってしまう可能性が高まり頭皮トラブルの原因になります。オイルで浮き出た毛穴の汚れを落とせない可能性も出てきます。マッサージを加えないとスパマッサージ時に頭皮が硬くこうかが半減する可能性があります。

6.頭皮、首肩背中マッサージ

横6_頭皮・肩首背中マッサージ

をリフレッシュマッサージとリラックスマッサージ2種類用意し、その時の気分によってお選びいただきます。クリームを均等に塗布し、お好みに合わせ力加減の確認します。肩首マッサージはもみ返しが来ないように行っていきます。

見極めポイント!

1人1人マッサージの好みは違うため、強すぎても弱すぎても弱すぎても快適にお過ごし頂けません。力加減を伺わなかったり、言いづらい環境でマッサージを開始し、力加減が合わないとリラックスできるどころか不快感や不快感を与えます。

7.お流し

横7_お流し

リアシャンプー台で寝ている図心地いいマッサージの余韻を残しながらシャンプー台で快適な温度でゆっくりお流ししていきます。しっかり流したあと、適温なホットタオルをあてて、血行促進をし、よりリラックスしていただきます。

見極めポイント!

時間短縮で手荒いお流しを行うと、マッサージでリラックスした気持ちが不快と感じてしまう可能性があります。スパクリームの流し残しがあると、頭皮トラブルに繋がる恐れがあります。適温なホットタオルでないと強く不快感を感じる事があります。

8.ドライ

横8_ドライ

ドライヤーしている図ドライヤーの熱や風が、お客様の負担にならないように注意をします。乾かしている時に、お客様の頭が動かないように優しいタッチで、髪の流れに合わせて乾かしていきます。

見極めポイント!

ドライヤーをあてる際に、正しい位置と角度であてないとドライヤーの熱により髪や頭皮を傷めてしまう可能性もあります。手荒く乾かすとお客様に負担がかかり、不快感を与えてしまい、快適にお過ごしいただけない可能性も高まります。

9.仕上げマイクロスコープ

横2_マイクロスコープ

カメラで頭皮撮影している図マイクロスコープで施術後の頭皮の状態を確認します。ビフォー&アフターをしっかり見ることで自分の状態を把握することができます。どのように改善されたのかを見る事でお家でのケアも明確になります。

見極めポイント!

目視だけでは細かい状態までは把握できない為、本当の頭皮の状態は分かりません。マイクロスコープを使用せずどのように改善されたのかをあいまいな説明で終わってしまう事は、美容師が提供した技術に責任を持っていない事になります。

10.アフターカウンセリング

横10_アフターカウンセリング

鏡越しにお客様今回の頭皮の状態ををしっかりご説明します。今の頭皮の状態に合わせたケアのサイクルを相談していきます。次回のヘッドスパ時期の提案と、普段のお手入れの方法などについてアドバイスさせていただきます。

見極めポイント!

頭皮の現状をあいまいな説明で現状をお伝えしない事は美容師が提供した技術に責任を持っていない事になり、ご自宅でのケアの方法等説明が不十分だと満足度も下がり、頭皮の状態の改善になりません。

お仕上がり

心と髪の毛にラグジュアリーなひと時を提供します

この記事を書いたスタイリスト情報

山本陽子(コミュニティサロン と和 / 訪問美容 と和:トップスタイリスト)
産能短期大学卒。婚礼に定評のある都内サロンを始め、10年間にわたりキャリアを積む。高いご要望に応えらえる技術と接客で、人気スタイリストとして活躍する。施術を提供する中で、心身ともにお疲れ気味のお客様が多いことに気付き、服の上からのマッサージを充実させることで、美容室に来た時に合わせてご提供できるのではないかと、ボディケアセラピストに転向。一連のボディケアを修得する。2015年5月、美容室のメニューに、トータルビューティーに加えてボディケアを導入するべく、日々挑戦中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

haircare0401

髪と頭皮のお手入れ

【つやつやヘアーになるには?】 天使の輪のように光があるつやつやな髪は誰もが憧れます。つやつやな髪になるには、毎日のお手入れをちょ…

おすすめ記事

  • haircare0601
    市販と美容室の使用薬剤の違い

    【市販のカラー剤と美容院のカラー剤は何が違うのでしょう?】 ①市販のカ…

  • haircare1601
    美容室の真実

    <ヘアサロンの利用回数> 日本お客様が1年間にヘアサロンを利用する平均…

  • haircare1501
    ヘッドスパ

    【ヘッドスパの歴史】 昔から医学として民間療法が盛んだったインドでは、…

ページ上部へ戻る