今はまだ学校の規則で、染めたり、パーマもかけられないですが、卒業後は色々チャレンジしてみたいと思います。パーマとカラーどっちが傷むの?(10代女性)

どちらも少なからず痛みます。仕組みとして、カラーの場合‘キューティクルを開く’のに対し、パーマは‘髪の形状を変化’させます。 このことからカラーリングの方がダメージが大きいとされていますが、近年ではダメージを少なく施術できる薬剤が増えています。
以前までは、カラーリングとパーマを両方行う場合は、数日開けて行うことが一般的でしたが、1日で同時に施術できるサロンも多くなっています。薬剤だけでなく、トリートメントの性能が上がっていることもあり、施術でのダメージを防げるようになっています。
しかし、いくらダメージを抑えられる薬剤でも、もともとダメージがある場合は、負担が大きいので注意が必要です。

この記事を書いたスタイリスト情報

永井香(コミュニティサロン と和 / 訪問美容 と和:トップスタイリスト)
東京ヘアメイク専門学校卒。地域密着型の店舗で10年間従事。老若男女問わず、地域に根差したコミュニケーションで、顧客が絶えない人気店となる。そんな中、不慮の事故で左手首骨折により、一定期間の休職を余儀なくされる。リハビリ中には、美容室に行くことができないお客様の気持ちと、働きたくても働くことができない美容師の気持ちの2つを経験。このことが転機で、「訪問美容」「美容師のキャリアが活かせる店舗作り」を志す。2015年4月、訪問美容とユニバーサルデザインのサロン経営に参画することで、第2の美容師人生をスタート。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

美容室の真実

<ヘアサロンの利用回数> 日本お客様が1年間にヘアサロンを利用する平均回数は4.4回です。 これはアジア6ヵ国平均の年間ヘアサロン…

おすすめ記事

  • ヘッドスパ

    【ヘッドスパの歴史】 昔から医学として民間療法が盛んだったインドでは、…

  • 美容室の真実

    <ヘアサロンの利用回数> 日本お客様が1年間にヘアサロンを利用する平均…

  • 市販と美容室の使用薬剤の違い

    【市販のカラー剤と美容院のカラー剤は何が違うのでしょう?】 ①市販のカ…

ページ上部へ戻る