伸ばしているのですが、髪を明るくしたいのですが、ダメージを受けずに髪を明るくしたいのですがどうしたらよいですか?(10代女性)

基本的にダメージを全くなく髪を明るくすることは不可能です。髪を明るくしたい場合ですとヘアカラーをお勧めしますが、ヘアカラーは1度髪を脱色し、色味を入れていきます。ダメージを与えたくない場合ですとマニュキアかヘナカラーをお勧めします。光の加減で少し明るいかな?程度になります。明るくすることが目的であれば、できる限りダメージを最小限に抑えて施術し、トリートメントを必ずしましょう。

この記事を書いたスタイリスト情報

山本陽子(コミュニティサロン と和 / 訪問美容 と和:トップスタイリスト)
産能短期大学卒。婚礼に定評のある都内サロンを始め、10年間にわたりキャリアを積む。高いご要望に応えらえる技術と接客で、人気スタイリストとして活躍する。施術を提供する中で、心身ともにお疲れ気味のお客様が多いことに気付き、服の上からのマッサージを充実させることで、美容室に来た時に合わせてご提供できるのではないかと、ボディケアセラピストに転向。一連のボディケアを修得する。2015年5月、美容室のメニューに、トータルビューティーに加えてボディケアを導入するべく、日々挑戦中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

悪しき習慣

【美容師が若すぎて頼りにならない!?】 男性の理美容師は20歳~34歳までが全体の約9割を占めています。35歳以上は12%、40歳…

おすすめ記事

  • ヘッドスパ

    【ヘッドスパの歴史】 昔から医学として民間療法が盛んだったインドでは、…

  • 市販と美容室の使用薬剤の違い

    【市販のカラー剤と美容院のカラー剤は何が違うのでしょう?】 ①市販のカ…

  • 美容室の真実

    <ヘアサロンの利用回数> 日本お客様が1年間にヘアサロンを利用する平均…

ページ上部へ戻る