頭皮がかゆいな・・・と思ってなにげなく掻いていたら、ポロポロと細かいフケが落ちてきました。洋服についていると目立ってしまうので気になります。フケの原因と対策を教えてください。(30代女性)

フケ症は大きく分けて乾燥性のものと脂漏性のものの2種類があります。 乾燥性のフケは、頭皮の乾燥が主な原因です。粉をふいたようにパラパラとしており細かいのが特徴です。 一方、脂漏性のフケは、クシや髪にまとわりつくように湿っており、比較的大きなフケであることも特徴です。この脂漏性のフケはマラセチアと呼ばれるかび(真菌)がその原因となることがあります。マラセチア菌そのものはすべての人の頭皮にいる常在菌ですが、脂分を栄養としており、汗や皮脂が増えるとそれだけマラセチアが増え、脂性フケになってしまいます。また、洗髪後に髪や頭皮を乾かさずにいると菌の増殖を促してしまうため、ドライヤー等できちんと乾かすことが大切です。フケの原因として意外に多いのが、シャンプーのすすぎ残しです。適量を使用し、耳の後ろや襟足の生え際付近はしっかりとすすぐよう心がけてください。

この記事を書いたスタイリスト情報

永井香(コミュニティサロン と和 / 訪問美容 と和:トップスタイリスト)
東京ヘアメイク専門学校卒。地域密着型の店舗で10年間従事。老若男女問わず、地域に根差したコミュニケーションで、顧客が絶えない人気店となる。そんな中、不慮の事故で左手首骨折により、一定期間の休職を余儀なくされる。リハビリ中には、美容室に行くことができないお客様の気持ちと、働きたくても働くことができない美容師の気持ちの2つを経験。このことが転機で、「訪問美容」「美容師のキャリアが活かせる店舗作り」を志す。2015年4月、訪問美容とユニバーサルデザインのサロン経営に参画することで、第2の美容師人生をスタート。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

髪と頭皮のお手入れ

【つやつやヘアーになるには?】 天使の輪のように光があるつやつやな髪は誰もが憧れます。つやつやな髪になるには、毎日のお手入れをちょ…

おすすめ記事

  • 市販と美容室の使用薬剤の違い

    【市販のカラー剤と美容院のカラー剤は何が違うのでしょう?】 ①市販のカ…

  • ヘッドスパ

    【ヘッドスパの歴史】 昔から医学として民間療法が盛んだったインドでは、…

  • 美容室の真実

    <ヘアサロンの利用回数> 日本お客様が1年間にヘアサロンを利用する平均…

ページ上部へ戻る