髪のダメージ

【健康な髪と傷んだ髪の、キューティクルの様子の違い】

image010

キューティクルが傷むと、手触りやツヤが低下し、傷みが進行しやすくなります。

健康な髪は、最表面がMEAと呼ばれる脂質でおおわれたキューティクルが何層にも重なり合って、内側のコルテックスやメデュラを守っています。

しかし、ヘアカラーやブリーチ、パーマ、太陽光に長時間さらされたり、毎日のシャンプーやスタイリング時の摩擦などによって、程度の差はあるものの、まず最表面のMEAが損なわれ、表面のキューティクルがめくれあがったり、はがれたり、キューティクル層の間に隙間ができたりします。

こうしてキューティクルの表面が滑らかでなくなると、ますます傷みやすくなり、ツヤも低下していきます。毛先に枝毛や切れ毛がみられることがありますが、これは毛先ほど傷みが進み、キューティクルがほとんどはがれ落ちてしまっている状態です。キューティクルが損なわれると毛髪内部を守る機能が低下してしまうので、同じお手入れを続けていても、髪の内部のダメージが進行しやすくなります。

【健康な髪と傷んだ髪の、毛髪内部の様子の違い】

image012

空洞が多くなると、手触りやツヤが低下し、髪の質感にも影響します。

ヘアカラーやブリーチ、パーマをくりかえし行ったりすると、髪の表面だけでなく、髪の内側の繊維と繊維を結びつけている化学的な結合までも切断され、髪の構造が弱くなって、シャンプー時に内部のタンパク質や脂質などが流れ出やすくなります。

こうして髪の内部に空洞が多くなると、ツヤが低下し、色は白っぽく褪せて見えるようになります。また、ヘアカラーやブリーチの後に髪のゴワつきやパサつきを感じるのは、タンパク質や髪をしなやかに保っている脂質などが流出してしまうことも影響しています。

髪には自己修復機能がないため、一度傷めると、自然には元に戻りません。だからこそ、髪のコンディションを知り、日頃のシャンプーやスタイリング時に、傷みを進行させないお手入れを心がけることが大切です。

【太陽光の及ぼす影響】

image016

太陽光が髪にダメージを与えます。

太陽光を浴びると、紫外線の作用で最表面のMEAが失われ、キューティクル層同士の結びつきが弱くなって、キューティクルが浮き上がりやすくなります。このため、ガサガサと手触りが悪くなってツヤも低下します。小さな力で擦れ合うだけでキューティクルがはがれやすくなり、損傷が進みます。
キューティクルが損傷すると、髪内部のタンパク質や脂質がシャンプーのたびに流れ出やすくなります。毛髪内部も損傷して空洞が多くなると、パサつきやゴワつきが感じられ、強度も弱くなることがあります。

一方、太陽光はコルテックスにあるメラニンを分解し、髪色を変色させます。特に水があると反応が進みやすいので、日差しの強い海やプールなどで濡れた髪のままでいると、髪表面や毛先が色抜けしやすくなります。

太陽光によるダメージは、まず、キューティクル層間の結びつきが弱くなって手触りが悪くなることから始まります。手触りがガサガサしてきたら、それ以上のダメージを最小限に抑えるお手入れを心がけましょう。キューティクルに負担がかからないように滑らかにシャンプーできる製品を選び、シャンプーからスタイリングまでていねいにケアをすることがお手入れのポイントです。

【髪に関する予備知識】

image017

①毛髪には自己修復機能が無いため、一度痛むと二度と元に戻らない
自然と回復することはないため、ダメージは生え変わるまで延々と蓄積されていきます。

②頭皮が浴びる紫外線は、顔の6倍
紫外線は皮脂を酸化させ、毛根が萎縮し、髪の成長を妨げ、抜け毛の原因になります。

③紫外線による頭皮のDNA損傷が白髪の原因
近年の研究により、謎とされてきた白髪の原因になっていることがわかっています。

④濡れた状態で寝るのはドライヤーよりダメージが大きい
髪は水に濡れると膨潤してキューティクルが開いた状態になり、この非常に不安定な状態が、摩擦に対してダメージを受けやすくなっています。

この記事を書いたスタイリスト情報

永井香(コミュニティサロン と和 / 訪問美容 と和:トップスタイリスト)
東京ヘアメイク専門学校卒。地域密着型の店舗で10年間従事。老若男女問わず、地域に根差したコミュニケーションで、顧客が絶えない人気店となる。そんな中、不慮の事故で左手首骨折により、一定期間の休職を余儀なくされる。リハビリ中には、美容室に行くことができないお客様の気持ちと、働きたくても働くことができない美容師の気持ちの2つを経験。このことが転機で、「訪問美容」「美容師のキャリアが活かせる店舗作り」を志す。2015年4月、訪問美容とユニバーサルデザインのサロン経営に参画することで、第2の美容師人生をスタート。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

haircare1101

ヘナ

【ヘナの歴史】 ヘナはインドからモロッコにかけて自生している植物です。その葉を乾燥させて粉末にしたものを「ヘナ」と呼びます。もとも…

おすすめ記事

  • haircare1601
    美容室の真実

    <ヘアサロンの利用回数> 日本お客様が1年間にヘアサロンを利用する平均…

  • haircare1501
    ヘッドスパ

    【ヘッドスパの歴史】 昔から医学として民間療法が盛んだったインドでは、…

  • haircare0601
    市販と美容室の使用薬剤の違い

    【市販のカラー剤と美容院のカラー剤は何が違うのでしょう?】 ①市販のカ…

ページ上部へ戻る